ドラム缶 寸法。 プラスチックパレット/木製パレット/アルミパレット

プラスチックパレット/木製パレット/アルミパレット

ドラム缶 寸法

a4の値はフランジの圧入加工状態を示す寸 法で,フランジねじ部の変形によるプラグと のかん(嵌)合性に影響するため,規定する のが妥当。 プラグ用ガスケットの材料は,エラストマーを用いる。 5 G 2 a 15. 0 G 2 65. 寸法は,附属書 B 表 5 とする。 次回 ISO 規格改正時に申し 入れを行う。 0 81. 1 寸法 オーバーシール付きの口金の一例を,附属書 B 図 10 に示す。 4に,寸法を表C. フランジ及びエラストマーフランジガスケット 2. 1 寸法 プラグ用ガスケットの一例を,図C. サイズ 日本では規格により大きさや寸法が定められている。 キャップシールの付いていない口金 キャップシールの付いていない口金の一例を,附属書 A 図 12 に示す。

次の

円柱の容積の計算方法?

ドラム缶 寸法

フランジのガスケットの寸法,断面形状及び材料は,受渡当事者間の協定によらなければならない。 2 53. 経済産業大臣及び日本工業標準調査会 は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新 案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。 b 表 C. 2 JIS に同じ。 3に示す。 一度開封された商品 開封後不良品とわかった場合を除く 、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品は お受けできません。 次回 ISO 規格改正時に申し 入れを行う。 9に,寸法を表C. 1 の一部で規 定してあったもの。

次の

蓋の開け閉めが可能なドラム缶

ドラム缶 寸法

2 7. 4 mmにつき) 14 11 ピッチ(参考) 1. 注記 ラベルリング及び保護リングは,フランジ圧入のための十分な補強となり,口金外側のネック 部を腐食から保護できる。 3に,寸法を表C. これは構造上の補強の役割を持つと同時に、転がして運搬する際には(出っ張りの部分だけが接地面となる)の役割を果たし、容易に転がせる作用がある。 天板の取り外し可能なオープンタイプ缶は、主に塗料・接着剤等の粘性のあるもの及び固体・粉体等に使用されています。 2 JIS とほぼ同じ。 7 厚手 1. 1 JIS に同じ。 5 G 2 a 63. t 1 , t 2 の寸法は用途及び材質 によって異なるため。 試験は,適切な頻度で目視によって行う。

次の

カタログダウンロード : 日鉄ドラム

ドラム缶 寸法

5 12. 0mm FL級 0. 5 G 2 a 57. 0 18. 2 材料及び構成 オーバーシールの材料は, JIS G 7121 若しくは JIS G 7122 に規定する軟鋼,又は使 用環境及び内容物に適した別の材料を用いる。 3 C形口金の締付けトルク C形口金の締付けトルクの推奨値は,プラグ,ガスケットの材質,ドラムの使用環境などによって異な るため,必要な場合には,その都度,供給者に問い合わせることが望ましい。 0 1. クローズドラムは「JIS Z 1601」で、日本国内で流通するものは「Cタイプ」として規定されています。 2 材料及び構成 亜鉛合金ダイカスト製プラグの材料は, JIS H 2201 に規定するダイカスト用亜鉛合 金地金,又は使用環境及び内容物に適した別の材料を用いる。 天地の縁を油圧機械で一度で真円になるように修正する。

次の

ドラム缶の規格

ドラム缶 寸法

6 キャップシール の付いていない口金 C. 一般的なドラム缶の4本積載に適しています。 50 +0. 2 材料及び構成 フランジ用ガスケットの寸法,断面形状及び材料仕様は,エラストマー以外の材料 を使用することも含めて受渡当事者間の協定によらなければならない。 a 4 は気密性に影響を与える 値に対し, a 1 , a 2 , a 3 ,及び F は各ドラムメーカーで決 めるべき値であるため。 3 キャップシール及びオーバーシール キャップシール及びオーバーシールは,手動又は空気圧で口金に取り付けることができ,必要な場合に は,通関シールを施すことができ,かつ不正の証拠が残せる形状とする。 1 19. 0 3. これらの 引用規格は,その最新版(追補を含む。 5 JIS に同じ。 5 61. 備考 プラグの締付け後,時間の経過に伴ってトルクが減少する。

次の

プラスチックパレット/木製パレット/アルミパレット

ドラム缶 寸法

7 0. 0 27. 1 寸法 キャップシールの一例を,図A. 0以上 23. 材料及び構成 キャップシールの材料は, JIS G 3115, JIS G 3303, JIS G 3313, JIS G 3315, JIS G 7121, 若しくは JIS G 7122 に規定する低炭素鋼, JIS H 4000 に規定するアルミニウム,熱可塑性プラスチック, 又は使用環境及び内容物に適した別の材料を用いる。 009 基準寸法 25. 1 鋼製ドラム 2 コンパウンド 3 オーバーシール 4 ガスケット 5 つめ(レンチング部) 6 鋼製プラグ 7 フランジ 8 コンパウンド 附属書 B 図 1 鋼製ドラムの口金(鋼製プラグ) 1 鋼製ドラム 2 金属リング 3 オーバーシール(プラスチック) 4 ガスケット 5 レンチング部品 6 プラスチックプラグ 7 フランジ 8 コンパウンド 附属書 B 図 2 鋼製ドラムの口金 プラスチックプラグ 2. a 附属書A及び附属書Bに規定する口金は,JIS B 0254に規定する通り側ゲージによって調べ,これに 適合しなければならない。 4 16. 5 13. 4 以上 16. フランジの構成及び寸法 2. 6 注 a JIS B 0202 に適合しなければならない。 3 a G2 63. 2 亜鉛合金ダイカスト製プラグの品質 亜鉛合金ダイカスト製プラグの品質は, JIS H 5301 の規定に 定める化学成分に適合しなければならない。 4 ラベルリング及 び保護リング ラベルリング 及び保護 リ ングの設計 5. 4 75. 0 G 2 a 15. 4 寸法,材料及び仕上げ 4. 品質評価に必要であり,次回 ISO 規格改正時に申し入れ を行う。

次の